ホーム » 未分類 » ただ甘やかすのではなく

ただ甘やかすのではなく

普通は成長していけば、ポメラニアンは小さいころよりは落ち着くようですが、きちんとしつけをしておかないと、大人になる過程で自己主張が強くなる危険性もあるんじゃないでしょうか。
子犬が噛んでくるという時は、「人を噛んではいけない」という点をしつける良い機会でしょう。噛んだりしないと、「噛むのはダメだ」と、しつけることは困難です。
一般的に、チワワに関してはトイレをしつけることも容易だと思います。精神的にデリケートな部分もあるようですから、ある程度の期間はシーツの置き場所を頻繁に変えたりしないことが大切です。
基本的に、ただ甘やかすのではなく、幼いうちに正しくしつけを実践しておくと、柴犬ほどにオーナーの指示通りに動く犬はいないだろう、というくらい飼い主の指示に従うんです。
普通、愛犬が無駄吠えをしなくなって静かになった時、褒美や賞賛の言葉を与えるべきです。吠えない、ということと得られるご褒美を結びつけ、自然と学習していくのです。

無駄吠えなどのしつけの仕方などを集めてまとめています。ご近所さんへの迷惑や快眠妨害などを予防するべく、必ず解消するべきでしょう。
朝夕の散歩、餌を食べること、愛犬にとって嬉しい時間やアクションは褒美の1つでもあるのでそれらの犬にとっての大切な時間の前にトイレのしつけ練習を設定したりしても良い方法です。
基本的にポメラニアンはお部屋の中で飼うので、トイレのしつけをするのは必要なはずです。トイレをしつけさせるときに大事な作業は、トイレの場所をポメラニアンにばっちりと教えることじゃないでしょうか。
噛み癖を持っている犬の噛む理由を探求して、以前の失敗ばかりのしつけ訓練を最初からやり直して、噛む行動を解決してみてください。
ご家庭で「このままじゃ聞き分けが全くない」「最低限のルールは習得させないと」などと考えて、親として何かするように、ひどく吠える犬のしつけトレーニングも一緒です。

あれこれとただ吠える犬をしつけようとしても言うことを聞こうとしない愛犬に、あなたはヒステリックになったりはしていないでしょうか。あなたの愛犬は直感に従い、普通にリアクションして吠えるのだと思います。
今後、吠える犬のしつけを行うのであれば原因そのものを分けるようにして考えてください。その上で、犬が吠える理由の消去としつけトレーニングを対で実践してください。
なんといっても子犬に対しては、うるさいことは言いたくなくなるんでしょうけれど、小さいからこそ、一般手的なしつけについてはきっちりと実践するのが理想的と考えています。
子犬の乳歯が永久歯になる時期、ちゃんとしつけて、噛む時の加減を覚えておくと、大きくなっても噛む力の加減を身に付けているので、力の限り噛みつくことをまずしないようになるみたいです。
飼い主との主従関係を柴犬などは本能的に理解できると言われます。みなさんは飼い犬に遠慮を見せたり、犬に先を譲ったりなどしないように心がけ、しつけについてはきちんと実践してください。犬臭い部屋のニオイもカンファペットならすぐ消臭できます。


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です